読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぐらニュース

もぐらニュース 気になる記事をピックアップ

飯塚市長に前市教育長…賭けマージャン「反省」

 

賭けマージャンをしていた福岡県飯塚市の斉藤守史もりちか前市長の辞職に伴う市長選が26日投開票され、
市政の継続を訴えた新人の前市教育長・片峯誠氏(60)(無=自民、民進、公明推薦)が、市政刷新を掲げたほかの新人2人を破り、初当選した。

片峯氏は、斉藤氏らと賭けマージャンをしたことがあると明かした上で、「反省している。市民の審判を仰ぎたい」と選挙戦に臨んだ。
同市を地盤とする麻生副総理兼財務相のほか、自民、民進両党の県議、公明党参院議員らの来援を受け、組織戦を展開。
賭けマージャンに対する批判も受けたが、大きな影響はなかった。

当選を決め、市内の事務所で「飯塚市を未来に向けて前進させたい。マージャンは一生しないと決めている」と述べた。

市議・小幡俊之氏(59)(無)と、弁護士・小宮学氏(61)(無=共産推薦)の2人は、市政刷新とマージャン問題の真相究明などを掲げたが、及ばなかった。

当日有権者数は10万7594人、投票率は43・14%だった。

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12213-20170226-50147/

賭けマージャン「今後一切しない」と強調の元市教育長初当選…福岡・飯塚市長選

市長が平日の日中に賭けマージャンをしていた問題で辞職したのに伴う福岡県飯塚市長選が26日投開票され、
無所属新人の元市教育長、片峯誠氏(60)=自民、民進、公明推薦=が、いずれも無所属新人の元市議の小幡俊之氏(59)、
弁護士の小宮学氏(61)=共産推薦=を破り初当選した。投票率は43・14%。

片峯氏は、辞職した斉藤守史前市長(68)、田中秀哲前副市長(69)と賭けマージャンをしたことがあると明らかにし「今後は一切しない」と強調。
小中学生の学力向上や地域活性化に取り組んだ斉藤氏の路線を引き継ぐ方針を示していた。

片峯氏は選挙事務所で記者団に「マージャンは一生しないと決めている。私たちは公務員であるという意識を示したい」と述べた。

小幡氏と小宮氏はともに市政の刷新を掲げ、賭けマージャン問題を検証する第三者委員会の設置や、平成27年に廃止された市幹部らの資産公開制度復活を訴えたが、及ばなかった。

賭けマージャン問題は昨年12月に発覚。抗議殺到を受け、斉藤氏は田中氏とそろって1月31日付で辞職した。

http://www.sankei.com/west/news/170226/wst1702260066-n1.html
【福岡】飯塚市長に片峯氏 賭けマージャンで前市長辞職
平日昼に賭けマージャンをしていた前市長の引責辞職に伴う福岡県飯塚市長選が26日投開票され、
無所属新人で前市教育長の片峯誠氏(60)=自民、民進、公明推薦=が、ともに無所属新人で元市議の小幡俊之氏(59)、弁護士の小宮学氏(61)=共産推薦=を大差で破り、初当選した。
選挙期間中、片峯氏は一連の問題について積極的な言及はせず、斉藤守史(もりちか)前市長の政策継承を打ち出していた。

飯塚市は2006年に1市4町の合併で誕生して以来、斉藤前市長が市政を担ってきた。
昨年12月、田中秀哲(ひであき)前副市長を含む賭けマージャン問題が発覚した。
市長選では、小幡氏と小宮氏が問題の真相究明を掲げたのに対し、片峯氏は出馬会見の場で過去2回、斉藤前市長らと賭けマージャンをしたことを明らかにした以外は「尋ねられたら答える」との立場で、争点化を避けた。

片峯氏は飯塚市出身。中学校長などを経て、10年に教育長に就任。先進的な学習法を導入し、学力向上の実績をアピールした。
出陣式では、麻生太郎副総理兼財務相や福岡県議、飯塚市議たちが来援。
当選が決まった26日夜、片峯氏は集まった大勢の支援者を前に「真摯(しんし)に謙虚に、市民の声に耳を傾け、政策はスピーディーに進めていきたい」と力を込めた。

投票率は43・14%で、前回を4・79ポイント上回った。当日有権者数は10万7594人(市選管調べ)。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local_election/article/310827
一時ニュースとなった平日昼に賭けマージャンをしていた市長。
市長は辞職し新たな市長が選出され、コメントが「賭けマージャンは一切しない」。
市のトップとしてこの先、意識をして頑張ってもらいたい。